スキルチェック

パーソナルカラーを仕事として活動されているあなたへ。パーソナルカラーを仕事として活動されているあなたへ。

既にパーソナルカラーを仕事として活動している方に、スタジオHOWの一流講師による「いまさら自分ではチェックしにくい」技能スキルをアドバイスいたします。

現在カラーアナリストやパーソナルカラリストとして活躍中のプロのあなたでも、
お客様へパーソナルカラー診断をする際に「この診断で良いか?
これは単なる私の主観に過ぎないのではないか」と本音では不安や疑問を感じることはありませんか?

いきなりそんなこと言われても、「プロの私にはそんな必要はないわ」。そう思われるかもしれません。
しかし、「ほんとにその通り・・・」と思われる方もいらっしゃるのでは。

スタジオHOWはなぜスキル チェックが必要だと思うのか?

コンサルティングを受ける方にとってはアドバイスによりその後の色選びが大きく左右されることでしょう。 その根拠がコンサルタントの主観だったり、いろいろなところで違う色が似合うと言われたりするのでは困惑と不信を招きます。

コンサルタントは、お客様がそれぞれのライフステージで多くの人から好評価される色を客観的に分析し、判断する根拠を明快に理論的に説明できる知識と技能が必要です。その知識や技能は客観的にチェック出来るのです。

スタジオHOWがプロのあなたへなぜそんなアドバイスを出来るのか?スタジオHOWがプロのあなたへなぜそんなアドバイスを出来るのか?

理由 その1 パーソナルカラーにおける「似合う/似合わない」の 判断と分析力のレベルは、 客観的に明快に基準化できるからです。理由 その1 パーソナルカラーにおける「似合う/似合わない」の 判断と分析力のレベルは、 客観的に明快に基準化できるからです。

アメリカからパーソナルカラーという考え方が渡来した1980年代半ば、パーソナルカラーの優れた利点に着目し、指摘され続けた感覚的判断から生じる問題点を修正し、現在の日本におけるパーソナルカラーの理論的体型を構築しました。

理由 その2  基準とするチェック項目はすべて、 「誰もが共通に感じる感情効果」だから理由 その2  基準とするチェック項目はすべて、 「誰もが共通に感じる感情効果」だから

例えば、1枚のテストカラー(ドレープ)から得られる情報が正確かどうかは、診断の正誤に関わります。

・色相の反応(イエローベース・ブルーベース)を
どのように判断しているか
・明度の反応をどのように判断しているか
・彩度の反応をどのように判断しているか
・清濁(質感)の反応をどのように判断しているか

などの観点から考察する事が出来ます。それぞれの属性をどのように判断してどのような結論を導きだしているか、が大切な要素となります。

そしてそれが「フォーシンズン分類」であれ、その他の診断であれ、基本の色の見え方は同じです。それぞれの属性の反応の積み重ねたものが印象としての判断につながり『似合う/似合わない』という結論につながっているだけなのです。

レクチャーや分析方法、実績・経験に関係無く、すべて共通項目にて判断しますので、トークが上手・営業ではトップの成績を収めている、などは一切関係ありません。正確に色を見極め、理由につなげているかという事に特化してアドバイスします。

これはスタジオHOWだからこそ可能なスキルチェックです。
プロとして十分なご活躍をされているあなたも、受ける価値はあるはずです。
是非一度、試されてみてはいかがでしょうか?

受講時間3時間
受講料30,000円+税

カルテ・カウンセリング付 ※詳しくはお問合せください。

プロ向けスキルチェックを試してみるプロ向けスキルチェックを試してみる

HOWの特長

  • HOWの特長
  • HOWの実績
  • 講師紹介
トミヤママチコ オフィシャルブログスタジオHOWスタッフブログfacebooktwitterNPO日本パーソナルカラー協会FACE STARETCHING  ASSOCIATION

無料カラートーク&無料講座説明会

トミヤママチコとカラートークしませんか?質問疑問にもお答えします。

詳しくはこちら

モニターモデル募集&カルチャーサロン

パーソナルカラー分析モニターとして、無料で診断を受けられます。講座も見学できます。

詳しくはこちら

資料請求・お問合せ

各講座の資料請求や無料講座説明会のお申込み、お問合せ・ご質問はこちら。

詳しくはこちら

トミヤママチコ オフィシャルブログスタジオHOWスタッフブログfacebooktwitterNPO日本パーソナルカラー協会FACE STARETCHING  ASSOCIATION
pagetop