受講ガイド

スタジオHOWに多く寄せられるご質問をまとめています。
記載事項以外のことでも、ご質問やご不明点などございましたらお気兼ねなくご連絡ください。

パーソナルカラーについてパーソナルカラーについて

スタジオHOWについてスタジオHOWについて

その他、パーソナルカラー全般についてその他、パーソナルカラー全般について

パーソナルカラーについてパーソナルカラーについて

ズバリと言えばあなたに「似合う色」のことです。つまり、あなたが生まれつき持っている色調(肌の色、眼の色、髪の色等)と調和する色です。また、あなたをサポートする色でもあります。
得意なところ不得意なところを調整してあなたを際立たせ、より好印象に結びつける色です。

具体的に言えば、あなたの肌にハリやツヤを感じさせたり、肌を滑らかに見せたり、血色をよく見せたり、色白に見せたり、小顔に見せたり、明るく見せたり、眼力を出したり、フェイスラインをリフトアップさせたり、等々即効的な効果が期待できます。
その結果、全体的な印象として、生き生きしている、表情が豊か、存在感がでる、アンチエイジングで若々しく見える、美しく見えるなどの好印象に結びつくのです。

テストカラーと呼ばれている複数の色布を顔の近くに当てて(上半身を覆うように)顔の見え方 の変化をチェックします。
スタジオHOWではテストカラーと顔色の反応の変化を理論的に整理して、色の持つどの様な特性があなたに良い効果をもたらすかを判断し、あなたにわかりやすい説明とアドバイスをします。

結果的に同じ事はありますが定義的にちがいます。好きな色は自分で選ぶことが出来ますが、似合う色というのは第3者の客観的な評価が入りますので自分で選ぶのはなかなか難しい面があります。

一生変わらないとは限りません。変わらないという根拠が明らかではありません。これはパーソナルカラーの根拠の無いセールストークだとスタジオHOWは位置付けています。

それぞれの色のもつ色みをイエローベースと、ブルーベースの2分類するという意味です。
例えば「赤」で比較すると、朱色は黄みを帯びて見え、イエローベースと判断します。赤紫は青みを帯びて見えブルーベースということになります。
ピンクで比較すると、珊瑚のようなコーラルピンクはイエローベースですし、ベビーピンクはブルーベースです。
このように一言でいえば同じ色相の範囲で色を黄みと青みに分ける分類法を言います。

それは違います。肌の色と同じ色の調子が似合うとは限りません。一般的によく誤解されているのですがパーソナルカラーはあなたに「似た色」とは限りません。「似た色」と「似合う色」は違います。
パーソナルカラーは「似合う色」です。似合う色はあなたに必要な要素を補う色でもあります。

肌の色と似合う色は関係ありません。オークル系の肌であっても、イエローベースが似合う方もいれば、ブルーベースが似合う方もいらっしゃいます。色は本来過不足分の調整をする役目があります。ですから実際に診断してみないと判断することは出来ません。

パーソナルカラーでは似合う色を4つのグループに分けて紹介する方法が知られています。これをフォーシーズン分類と言います。4つのグループには季節の名前がついています。
簡単に分けるとイエローベースで明るめの色が多いグループを「春」、イエローベースで暗めの色が多いグループを「秋」、ブルーベースで明るめの色が多いグループを「夏」、ブルーベースで暗めの色が多いグループを「冬」という分類しています。

スタジオHOWについてスタジオHOWについて

まったくの初心者の方がメインですが、他所や独学でパーソナルカラーを学んだけれど、不安がある、理解できないと感じる方の受講も多いです。
また、20代から60代まで様々な年代の方が受講されています。

動機としては次のような事例があります。
パーソナルカラーのプロとして活動したい、カルチャースクールの講師になりたい。
お友達や家族、自分に似合う色が分かるようになりたい。出来れば仕事にしたい。
子育てが一段落したので、自分の仕事を持ちたい。自分のペースで無理なく仕事がしたい。
今の仕事のプラスのスキルとして取得したい。(ファッション、美容、インテリア、デザイン等)

はい、講師はそれぞれの方のレベルを把握した上で勉強を進めていきますのでご心配はいりません。

はい、大歓迎です。男性のニーズは増えてきています。色は女性だけのものではありません。
ぜひお待ちしております。

随時説明会を行っております。お問い合わせフォームにてご連絡いただくか、メールにて、ご都合の良い日時をお知らせください。また、お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。
また、しつこい勧誘はいたしませんのでご安心ください。お申し込みはこちらから

はい、遠方から通ってくださる方もいらっしゃいます。北海道から九州まで全国に修了生がいらっしゃいます。

はい、数日間でも日本にいらっしゃる様であれば、滞在期間中に受講できるよう、配慮いたします。
国を超えて、韓国より受講された方もいらっしゃいます。通訳を入れて講座をしたこともありますので、ぜひご相談ください。

カラーアナリストにもっとも大切なのはパーソナルカラーの分析力です。
スタジオHOWの養成講座は、徹底した分析実習を行います。色を見分ける目の訓練と、目が見たものを正確に知識に結びつける力がプロにもっとも求められるからです。
また、講師が自分の判断を押し付けるのではなく、受講生が自発的に分析できる力がつくのを丁寧な繰り返しのリーディングから導きだします。和やかなのびのびした雰囲気の中で、実は曖昧さの無い厳しい授業がすすめられます。定評のある内容です。

カラーアナリスト養成講座はセミフレックス制を導入していますので、いつでも無料でお振り替えできます。ご安心ください。グループレッスンではありますが、講師と1対1感覚で進めていきますので、どの回に出ていただいてもご自身の進捗具合に合わせた授業を受けることが出来ます。

はい、スタジオHOWのフォローアップ制度はしっかりしています。ご自身の目標に向かって頑張る皆様を全力でサポートいたします。企画書の書き方や営業の仕方、ささいな悩み相談についても、いつでも受け付けています。
修了したらそれで終わり、ではないアットホームな環境です。詳しくはこちらをご覧ください

養成講座を修了してから1年間、無料で様々な講座に参加することが出来る制度です。
プロの講師が見守る中、実際にパーソナルカラー診断の経験を積むことが出来ます。カルチャースクールのみでも年間1,000人もの分析をしているスタジオHOWだからこそ出来る、インターン制度です。

スタジオHOWは入学金はいただいておりません。かかる費用は、受講料と教材費のみです。その他、必要に応じて様々な商品を取り扱っております。

早期お申し込みに対し「早割」制度があります。
アナリスト養成講座受講者に対しては、他講座を受講される場合に優待制度が適用されます。
ご希望に応じてお支払いプランを提案できますのでお気軽にご相談ください。詳しくはこちらをご覧ください

入学金、受講料、教材費をお支払いいただく以外は、他にお支払い頂くものはございません。
養成コースの授業で使用するドレープは、備え付けのものをご使用いただけますので、強制的に販売はいたしません。
受講生、修了生でドレープなどのツールをご希望の方は、随時ご購入いただけます。

はい、分割払いにすることも可能ですのでご相談ください。また、スルガ銀行のローンもご案内しております。

もちろん、受けられます。コースによりますので、ご希望の場合はご確認ください。

フリーで独立して個人向け・企業向けコンサルティングをしている方、講師をしている方、ファッション、美容、ブライダル、インテリア業界などへ就職・転職した方、現職でのスキルアップに活かしている修了生など、カラーとイメージコンサルティングを活かせる職場や職種で活躍されています。

WEBサイトの個人コンサルティングメニューからご希望のコースをお申し込みください。お申し込み方法は他に、電話、FAX、メール、でもお受けします。詳しくはこちら

個人コンサルティングはどんなコンサルタントが担当してくれるのですか?

コンサルティングは現役で各方面に活躍中のスタジオHOW認定トップカラーアナリストが担当します。
キャリア、技能共にトップレベルのカラーアナリストです。トミヤママチコのコンサルティングをご希望の場合はご相談ください。

その他、パーソナルカラー全般についてその他、パーソナルカラー全般について

『似合う』『似合わない』だけがパーソナルカラーではありません。スタジオHOWでは『似合う・似合わない』を判断するパーソナルカラーの分野を「色彩効果」の一端として位置づけています。スタジオHOWでは共通感情に基づく色の心理効果を活用して、多岐な分野で必要な色を適切に提案できる色のエキスパートを目指します。
ですから仕事の市場は広く求められます。

カラーアナリストは基本的には色を見分ける技能者です。短期間の研修だけでパフォーマンスや上手なトークがあればできる仕事ではありません。しっかりした理論と色を識別する技能を基礎から訓練できる養成機関で学ばれることをお勧めします。

カラーアナリストはライフスタイルによって仕事のスタンスが違います。一番身近な例では、個人顧客を対象に自宅をサロンにしたり、依頼を受けた出張先に出向きコンサルティングを行います。地域でのボランティア活動や、カルチャースクールで講師をされる方も多くいます。企業を対象としては美容院やアパレル、百貨店向けのイベントや顧客サービスとして、また、ウエディング市場、選挙、などあります。まだまだ未開発な市場として期待されます。
詳しくはこちら

パーソナルカラーは1980年代半ばに、色彩の専門分野というよりニュービジネスとして渡来した経緯があり、何を基準に診断しているのかと言うことが問題視されてきました。それに呼応して、現在では数種の民間による検定が実施されています。
NPO日本パーソナルカラー協会主催の「色彩技能パーソナルカラー検定®」はパーソナルカラーに必要な知識と技能の基準を問う検定として、その内容が評価されています。上級(モジュール3)合格者にはパーソナルカラーアドバイザーの資格認定がされます。
詳しくは日本パーソナルカラー協会にお問い合わせください。

スタジオHOWでは「色彩技能パーソナルカラー検定®」対策講座を開講しています。

スタジオHOWまで気軽にご連絡ください。メールでも構いませんし、お電話で直接でもかまいません。
プロのカラーアナリストがご相談やご質問にできるかぎりお答えします。

概略の知識としてパーソナルカラーの資料や、本などを読んでください。それからご自身で選択された複数の養成機関を直接訪問して説明を受け、環境等も比較してください。説明会などがあれば参加してみるのも良い方法です。大変かもしれませんが手の抜けないポイントです。

オンラインフォームの方は

こちらのお問合せ・資料請求フォームよりお問合せください。

お問合せ・資料請求フォームお問合せ・資料請求フォーム

受講ガイド

  • 受講ガイド
  • よくある質問
  • 料金表
トミヤママチコ オフィシャルブログスタジオHOWスタッフブログfacebooktwitterNPO日本パーソナルカラー協会FACE STARETCHING  ASSOCIATION

無料カラートーク&無料講座説明会

トミヤママチコとカラートークしませんか?質問疑問にもお答えします。

詳しくはこちら

モニターモデル募集&カルチャーサロン

パーソナルカラー分析モニターとして、無料で診断を受けられます。講座も見学できます。

詳しくはこちら

資料請求・お問合せ

各講座の資料請求や無料講座説明会のお申込み、お問合せ・ご質問はこちら。

詳しくはこちら

トミヤママチコ オフィシャルブログスタジオHOWスタッフブログfacebooktwitterNPO日本パーソナルカラー協会FACE STARETCHING  ASSOCIATION
pagetop